サイトメニュー

外科手術不要で小顔に

看護師

小顔になるための注意点

満足できる結果をボトックス小顔治療で得たい時は、優れた品質の製薬剤を使うことが秘訣です。ただし、どんなに上質なボトックスを使いましても、肝心の医師が実力不足では、納得の結果に結び付きません。そこで気を付けておくと良いのが、執刀医がボトックスの認定医師であるかどうかです。この施注資格はボトックス治療を的確に行える証しですから、ボトックス小顔治療を受ける時は、特に留意しておくと良いでしょう。一方、ボトックス小顔治療は院ごとで治療費の差も大きいですが、値段が高いクリニックは良質なボトックスを使い、アフターサービスも含まれているのが一般的です。大切な顔を治療するため、安全な治療を目指す意味でも、値段だけで治療先を選ばないようにしましょう。そして、シワの改善治療や多汗症治療などで、既にボトックス治療を受けている場合は、その旨を医師に必ずお伝えください。治療内容や注入部位に関わらず、短期間の間に連続してボトックスを注射すると抵抗力が付いてしまい、今後の治療効果が下がるので、くれぐれも気を付けましょう。張り出したエラの骨をカットすれば小顔になれることは承知していても、外科手術はそう簡単に行えるものではありません。先ず勇気が必要になりますし、腫れなどが治るまでのダウンタイムも考慮する必要があります。さらに費用も100万円程度掛かるため、クリアしなければならない課題が沢山あるのです。しかし、ボトックス小顔治療なら、5分程度の注射だけで済み、ダウンタイムも殆どありません。そのうえ費用も数万円から高くても10万円台ですから、金額的に外科手術より受けやすいことも人気の秘訣です。頬骨と下顎をつなぐ咬筋という筋肉が膨張している場合に限り有効な治療方法ですが、原因が適合していれば、かなりの小顔矯正効果を発揮します。また、1度の施術でもボトックス小顔治療なら、エラをスリムにする効果が数か月間続き、すぐに効果が消えるようなこともありません。さらにガムを控えたり柔らかい食事に切り替えたりするなど、工夫次第では小顔矯正効果をより長く持続させることもできるのです。そのほか、定期的な治療を数回続ければ半永久的な効果を得られる点も、ボトックス小顔治療の人気要素になっています。